ED治療が恥ずかしくて言えないあなたに伝えたいこと

ED治療、EDの悩みというのはやはり、身体のデリケートな部分として、恥ずかしく中々他人に言いづらいものです。そんな方に吉報です!ED治療は今の時代ならばありがたいことに、自宅でひっそり治療できるんですよ!

EDに悩んでいるのは日本人でもあなただけではない!

ED(勃起障害)は、男性なら誰にでも起こりうる疾患です。
病気になると弱気になり、自分だけが不幸だと感じるものです。自分だけがEDで悩んでいると思って、落ち込んでしまう人もいます。
しかし、EDはペニスを持っている男性なら誰にでも起こります。60歳以上になれば、高い確率でEDが起こります。
加齢によって高血圧や糖尿病のリスクは高くなります。高血圧や糖尿病は動脈硬化を引き起こす原因になります。動脈硬化が原因でEDになる男性は少なくありません。
また、若い人でも塩分のとりすぎや食べ過ぎなどが原因で動脈硬化の進行をはやめてしまっている人もいます。年齢にかかわらず、男性なら意識しておかなければいけない疾患だということです。
また、心理的なストレスやトラウマが原因で起こる心因性のEDもあります。ストレスフルな毎日を送っている人なら、いつEDになってもおかしくないです。
他にも、自転車に乗りすぎてペニスの血管が変質してしまうサイクリングEDや、性生活のマンネリ化によって起こる妻とだけEDなどもあります。
要因はあちこちに転がっているということです。
しかし、ED治療には有効な薬が開発されています。ED専門クリニックや泌尿器科などEDを診療してくれるところでは、たいていこれが治療のために処方されます。
ED治療薬は媚薬ではなく、全身の血流を改善する薬です。血流を良くすると、ペニスの海綿体に流れ込む血液量が増えるため、勃起しやすくなります。
特に動脈硬化など血管障害によるEDに有効だと言われてきましたが、最近では心因性のEDに対しても有効だということがわかっています。薬で男としての自信を取り戻させることで、EDを改善できます。